フォト

イノ―ヴ株式会社

無料ブログはココログ

2017年12月 6日 (水)

かわいい落書き

Img_4010

川越にて
工事も終盤ですが、エレベーターを工事期間お借りしている為、プラベニヤで内部を養生しています。
そのベニヤにかわいい落書きが
「工事のひとたち おつかれさまです」
このらくがきに現場で働く全員がいやされております。一番のうれしいお言葉です。こころから感謝いたします。

2017年12月 1日 (金)

現場から

久しぶりの更新になりますが

Img_5957
上の写真は施工前、吹抜けの1階床の仕上げは洗い出し。良い仕上げなのですが自転車や引っ越しの際に剥がれたり、維持するのには費用を要していました。
Img_0745
今回の大規模修繕工事で吹抜け1階床を乱形タイルへの変更を提案させて頂きました。オーナー様のご理解を頂き、施工。
見た目、維持両方が大きく向上しました。

2017年9月13日 (水)

またまた近況

近況その2です。

Photo_2
川越にて大規模修繕工事。今回は葺き屋根の更新や手摺の更新など一回目の大規模修繕工事で実施していない工事も追加されております。居住者様のご理解、ご協力のもと順調に進んでいます。

近況

最近ブログ更新していませんでした。

まずは近況です。
Photo
志木駅のそばで大規模修繕工事実施中です。タイル面積が多くて変わったデザインで円筒状の建物です。

2017年4月13日 (木)

現場での一コマ

Img_7202

弊社施工中の現場の一コマ
ちょっとした短時間、工事用の電気コード一本通すのでも、、入居者様の足に引っかからないか・・・そして引っかかって引っ張られた電気コードで職人さんが怪我しないか・・・・
僅かなミスが大きな影響を与えやすい工事現場では他人に対する思いやりが大切です。思いやりを持てるスタッフは宝です。

2017年3月28日 (火)

前回からの続き

前回書かせて頂いた第三者・・・

国土交通省のHPにも書いてありました。
第三者ではないですね、リスクも追わずバックマージで確実な利益を残す設計監理会社。それを支援し、受注の機会を待つ修繕会社たち(その設計監理会社をとりまく談合グループ)、完全に顧客は管理組合ではなく設計監理会社ですね。そうやって急成長された修繕会社も存在してるのも事実。
全てがそうとは思いませんが、10数年に一回しか接点がない企業がその管理組合にどれだけの気持ちで業務を遂行するか疑問です。

2017年3月15日 (水)

ときどき思う事

前回、市販されている本の一部分を紹介させて頂きましたが、その他にいつも疑問に思う事をかかさせていただきます。

Img_6884
業界紙の民間公募のスペースにマンション大規模修繕工事の公募がよくあります。職業柄毎日、一言一句目を通りますが、時折
工事の参加条件、「改修専門工事会社で年商数十億円以上、1億円を超える契約を3年間で数十件以上の実績、経審点数 〇点以上・・・・等」・・・条件縛りが強すぎる公募がちらほらいます。数千戸規模の超大型物件や高度な技術を要する工事ならあり得るかな?と思いますが、、、、100戸以下の普通の分譲マンションで。
公募する前に参加できる企業が限られてくるような条件・・・・公募の意味ありますか?
受注規模に見合った規模の企業(営業年数、経験、資本金、経営状況・・をよく精査して)でも充分ではないでしょうか?
それは管理組合の為でしょうか?
時々疑問に感じます。

2017年2月23日 (木)

時々感じる事

時々感じる事ですが、、

定期的に販売される大規模修繕やマンション管理の本。
大体書かれている事は同じなので新鮮味はありませんが、凡そ大規模は管理会社に任せると高額云々の記事が目立ちます。なので第三者を・・・・の記事や本であふれていますが・・・
こんな記事が・・・
Img_6726_1
そう第三者って本当に組合様の事を最優先に考えていますか?本当に中立ですか?
いつも疑問です。大規模終われば設計監理も施工会社も遠い存在。事実アフター対応に来ない会社たくさん見てきました。
管理会社は工事が終わってもずっと組合様とお付き合いしていきます。またその決意です。そんな会社が一時の利の為に、管理組合様相手に不誠実な事をするのかな?いつも疑問です。塗って貼ってしまえば誰が施工しても直後は綺麗になる・・そんな中で安くしようと思えばいくらでも安くできます。大事なのはプロセスです。プロセスが無ければ数年で化けの皮が剥がれます。
長くなりましたが・・今日はこのへんで

着工しました。

年明けてから新しく現場が始まりました。

遠くから見ると改めて高さがあると感じます。足場組も終盤です。
Img_6756
下の写真。機械式駐車場の空きを組合様が快くお貸しいただけました。ありがたい事です。感謝です。
Img_6770

2017年1月10日 (火)

完了工事

Photo

昨年末に足場解体完了したさいたま市のマンション様です。中廊下式の構造で、外壁、バルコニー、屋上が工事範囲でしたが形状が複雑で仮設計画が意外に難しかったり、正面で新築工事が始まり、お隣のマンションでは改修工事が始まり、周囲との調和も重要なポイントでした。
そんな中で無事完了できたのは現場スタッフの日々の努力、そして何よりも工事に理解を頂けた居住者様のおかげです。

«本年もよろしくお願いいたします